--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.24

« 出会い、そして― »

梅雨の貴重な晴れ間を利用して、散歩に出掛けた週末。

20070723233114.jpg

マンションを出て何気なく上を見上げたら、他所様のベランダから猫ニャンこんにちわ。
幸先良いお見送り(?)に心浮かれて、足取りも軽いスタート。

いつもは通らない裏道コースを進むと、2匹目の猫が登場。
小学生くらいの男の子に撫でられて気持ち良さそうな表情に心和み―
少し歩を進めるとお寺に大量の猫が!!

20070723234244.jpg

20070723234313.jpg

20070723234413.jpg
△捨て猫が繁殖して、居ついたと思われる猫たち (写真は一部の猫たちです)

上の写真2枚は兄弟か親子猫っぽく、真ん中のコはお腹に子どもがいる様子・・・
ご飯も満足に食べていないようでウチのコに比べて大分小柄だし、やせ細っている。
ゴロゴロと喉を鳴らして人間に寄って行ってはミャァミャァ鳴く―

警戒心無しということに驚いたが、ご近所にこんなに野良猫さんがいるのに
自分には助けてあげられないことがすごくすごく悲しかったし、胸が痛んだ。

20070724000809.jpg
△帰宅直後のモカ

早々と帰ってきた飼い主に、若干不機嫌な様子だけれどもいつもと違う空気を
纏っていることに気付いたのか、週末はベッタリ甘えっコさんでした。

私に出来ることは、縁あって出会ったこのコを責任持って育て、最期の瞬間まで
しっかり飼い主でいてあげることなんだなぁとしみじみ思った週末でした。

これから先、不幸な犬や猫が増えないよう、ただただ祈るばかりです。


++++++++++++++++++++++++

 ランキングに参加中!

ポチッとして貰えたら喜びます(*´∀`*)    


にほんブログ村 猫ブログへ       


スポンサーサイト

トラックバック(0)  コメント(5) 

Next |  Back

comments

分かります。
うちの周りは、野良ちゃんあまり見かけないのですが、実家の方は結構いっぱいいます。
本当はそういう子たちを助けてあげたかったなと思うことがよくありますが、まずは目の前の命を大切にしていきたいと思ってます。

桃饅頭:2007/07/24(火) 10:37:00 | URL | [編集]

こんばんは。
ノラちゃんの生活はほんとに過酷なんでしょうね。。私も辛いけれど、なにもしてあげられない・・・どうしようもないですよね。。
私もまずは我が子に精一杯の愛情を注ぐ事だと思います。

mikuten:2007/07/24(火) 19:48:17 | URL | [編集]

そうですね。いろんな考えの人がいるけど、ノラちゃんに罪はなくて、無責任に捨てたり、増えてしまった子を無意味な存在・いらない存在と捕らえるのは人間の勝手。
ウチの子はそんなノラだったのを保護して今のように穏やかな子になってくれたから、余計に感情移入してしまいがちです。
でも、個人で出来る事って少なくって。
今自分の目の前にいる命を大事にする事からはじめたいなって思います。

でも、ウチの周りはノラさんが多くていつも胸が痛みます。

わたた:2007/07/28(土) 01:01:46 | URL | [編集]

こんばんは!
先日はお祝いのコメントを頂き本当にありがとうございますe-466
とっても嬉しかったです。

久しぶりのモカちゃんだぁ~e-415
可愛いぃv-415
野良猫ちゃん達をみると・・・切なくなりますv-390

ゆかりん:2007/07/29(日) 20:06:06 | URL | [編集]

○皆さまへ○
皆さまのコメント、色々と思うことがあったし現状を知ることが出来ました。
不幸にするもしないも人間の都合―野良さんたちは、人が生み出した悲しい命。
それを救えるのは人しかいない。
悲しいコたちが救われて幸せに暮らしていける世の中であって欲しいですね。

そしてやはり個人で出来ることは限られているのだなぁと、今回改めて実感した次第です。
せめて今あずかっている大切な命を、大事に大事に育てていけたらなぁと思いました。

まとめてコメントを返させていただきますことを了承願います。

あき:2007/07/30(月) 20:43:48 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。